<< 北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞) | main | 積雪落下防げる?庇なし薄型LED信号機(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<谷内六郎さん>横須賀市に寄贈の表紙絵、遺族が返却求める(毎日新聞)

 「週刊新潮」の表紙絵を長年描いた画家、谷内六郎氏(1921〜81年)の遺族が神奈川県横須賀市に対し、市に寄贈した表紙絵原画などの返還を求めている。同市が遺族と交わした覚書に基づき遺族に支払ってきた報酬を、吉田雄人市長が09年度限りで打ち切ったためで、遺族側は訴訟も辞さない構えだ。

 谷内氏は東京都渋谷区出身。56年の同誌創刊から亡くなった81年まで表紙絵を担当。75年から横須賀市内にアトリエを構えていた。

 同市によると、谷内氏の妻が98年1月、表紙絵原画約1300枚などを市に寄贈。同4月には妻と市が、▽谷内氏の長女を作品の調査研究・整理保存に関する助言のための専門委員(後にアドバイザー)に委嘱▽報酬は毎月22万8700円▽委嘱は1年更新で最長で25年以内−−などとする「寄贈に関する覚書」を交わした。今年3月までに約3300万円が支払われた。作品は横須賀美術館併設の「谷内六郎館」に展示されている。

 吉田市長は市議時代から「報酬は実質的に遺族へのヤミ手当」と問題視。初当選後の昨年8月に報酬打ち切りを表明し、今年度予算に計上しなかった。

 遺族側は「一方的だ」と反発し、今月12日、代理人の弁護士を通じ、2週間以内の作品返還などを求めた通知書を市に送った。弁護士は「市が対応を協議している段階なので、コメントは差し控えたい」としている。

 20日の市議会全員協議会では市議から「遺族の信用を損ねた」と批判も出たが、吉田市長は「来月上旬に遺族と直接会って谷内六郎館の存続に協力を求め、円満解決に向けて努力したい」と話した。【田中義宏】

【関連ニュース】
<週刊新潮の話題>大相撲:大関琴光喜関に野球賭博疑惑 週刊新潮掲載へ
<週刊新潮の話題>朝日新聞襲撃事件:「実行犯」名乗った男性自殺か 北海道
<週刊新潮の話題>名誉棄損訴訟:山岡議員が請求放棄 「秘書給与疑惑」報道
<週刊新潮の話題>「有栖川宮」事件:夫婦が新潮社と和解 大阪高裁
<週刊新潮の話題>小林薫死刑囚:新潮社に30万円支払い命令 名誉棄損訴訟

ヒグマに襲われた?山林に70歳代の男性遺体(読売新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
民放教育番組事業など「廃止」=公益法人仕分け1日目―刷新会議(時事通信)
<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 12:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
探偵社
出会いランキング
ショッピング枠現金化
ネットビジネス
2ショットチャット
副業
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM