<< <仙台教諭殺害>血痕の足跡数百メートル 引きずった跡も(毎日新聞) | main | <谷内六郎さん>横須賀市に寄贈の表紙絵、遺族が返却求める(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は16日、福井県小浜市文化会館で開かれた「民主党政経フォーラムin若狭」に出席し講演した。このなかで、北陸新幹線の福井県内延伸については在来線との共存の課題を解決することが前提などとした。また党の政策については「少子高齢化社会や財源問題、年金保障が大きな閉塞(へいそく)感になっている」と指摘した上で、日本の将来を描くために必要な「子ども手当」や、「コンクリートから人へ」という重点予算配分を詳しく説明、理解を求めた。

[フォト]仙谷、前原両氏が小沢氏の政倫審公開求める

 北陸新幹線の福井県内延伸などに関して、「やらないと言ったことはない」と述べた。その上で「東北新幹線では青森や岩手が並行在来線を維持できず、お手上げの状態」と例をあげ、県内延伸の決定については、「福井県民の総意は理解するが、並行在来線も必要で、どう持続するか。将来的な仕組みを慎重に検討している」と述べ、在来線との共存の課題を解決することが前提とした。

 観光立国の施策については、近く中国人旅行客のビザの発給条件を緩和するため、中国や台湾、香港の観光客が増える見込みとし、「風光明媚(めいび)で料理がおいしく、もてなしの心を持つ小浜市などが心の準備をしてほしい」と語った。

 前原国交相は、夏の参院選福井選挙区出馬する民主党の公認候補を応援するため訪れた。講演に先立ち松崎晃治・小浜市長や河瀬一治・敦賀市長ら嶺南の首長と面談、要望などを聴いたという。

【関連記事】
「子ども手当てなど国の責任で」 首都圏9都県市首脳会議
国から丸投げ、自治体「事実確認難しい」 子ども手当て、外国人殺到
「子ども手当すぐに使わない」が半数、博報堂調査 消費刺激は限定的
鳩山首相に告ぐ 国民の声「金銭感覚あきれた」
普天間問題決着の半年先送りを確認 関係閣僚会議
少子化を止めろ!

<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)
普天間移設、首相「5月末決着」断念表明(読売新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 16:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
探偵社
出会いランキング
ショッピング枠現金化
ネットビジネス
2ショットチャット
副業
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM