<< 厚生労働統計の整備で検討会設置へ−厚労省(医療介護CBニュース) | main | <厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月21日までに、出産育児一時金の直接支払制度について、猶予期限継続の検討に入った。昨年10月から導入予定だった同制度は、産科医療機関から資金繰りが苦しくなると反発の声があり、3月まで猶予されている。

 直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産する人ではなく産科医療機関に、保険者から直接支払われる。医療機関の請求は退院の翌月10日で、支払いは翌々月の5日ごろ。通常分娩は保険適用外で、医療機関はこれまで出産時に支払いを受けていたが、退院が11日だった場合、支払いは2か月後の5日ごろになる。

 厚労省はこれまでに、医療機関の請求日を10日だけでなく下旬にも設けることで、支払いまでのタイムラグを縮める考えを示していた。保健局総務課の担当者は、「猶予の継続と、月2回請求のどちらをやるか、両方をやるかも含めて、まさに検討中という段階だ」としている。


【関連記事】
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
「直接支払」猶予で事務連絡―出産育児一時金

消費税上げ「国民に信を問う」=予算の衆院通過後に議論−菅財務相(時事通信)
政治とカネ集中は残念=党首討論での本格論戦に決意−鳩山首相(時事通信)
自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置−茨城県警(時事通信)
名古屋ひき逃げ 赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
巨人・加治前のグラブなどを盗んだ男逮捕(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 14:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
探偵社
出会いランキング
ショッピング枠現金化
ネットビジネス
2ショットチャット
副業
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM